學正会からのお知らせ

 今月の会報

30年度決算を承認

 今年は、降雨量が例年になく少なく梅雨入りの宣言も遅れているようです。今夏の水不足が心配されていましたが、来週にも南西の湿った暖かい風が吹き始め、やっと梅雨入りとなりそうです。
 さて、先日、5月30日、決算理事会が開催され、平成30年度決算が承認されました。この後、6月14日、定時評議員会が開催され、理事会承認の提案事案として、評議員会による平成30年度決算の承認が求められました。荻島、森山両監事より監事監査について各施設拠点区分ともに決算項目については不整なく適正に会計処理されていることが報告され、改めて評議員会の承認・決議をいただきました。この後、総資産額の福岡法務局への変更登記申請、さらに、現況報告書を市担当課へ提出いたします。社会福祉法改正により、事業運営の透明性の向上に加え、現況報告書、決算書類の公開など法的な拘束力を持って必須の取り組みが求められます。当法人は、平成31年度以降の公認会計士会計監査においても、本年度より、会計監査人の選任過程での事前調査なども必須の課題となっております。
 施設現場では、利用者生活支援、高齢者介護など、職員一致して、努力を惜しまず頑張っています。施設利用者の方々へ十分な生活サービスが提供できるように努め好評価を得ております。その結果が、明快な決算状況に現れているものとも思います。法人決算書類については、本部事務所での閲覧、広報誌、法人ホームページなどで公開しております。

各施設のご案内

◎児童福祉施設

◎障がい者支援施設

◎高齢者福祉施設