學正会からのお知らせ

 今月の会報

緊急避難所の活用を

 遠くマリアナ海域から勢力を弱めることなく近づいた台風19号は、10月12日から13日にかけ関東・東日本の各地を縦断し、大変な被害の爪痕を残しました。
 記録的な暴風・豪雨により各地37河川52カ所の堤防が越水、決壊し、1万棟の住宅が水につかり、およそ9千棟の住宅が全半壊や一部損壊の被害を受け、 さらに、土石流やがけ崩れによる土砂災害は19都県で140件が発生しました。まだまだ被害の全容はわかっていません。政府は、「激甚災害」に指定し、災害復旧に万全を期す体制を発表しました。近年の想像を絶する大規模な風水害の発生は、自然の絶妙なバランスを壊す地球規模の環境破壊が一因であるとの報告もあります。しかし、人間の人智に及ばない大きな自然の力です。私たちには抗しようもないものでもあります。
 私たちには、九州北部豪雨での河川決壊、浸水の悪夢が重なりました。
柳川市と当法人との間では、災害時の緊急避難所としての指定も受けております。高齢者、障がい児者・児童・乳幼児など災害弱者の方々の避難場所として、施設群を利用していただく万全の体制を取っております。緊急事態にはご利用いただきたいと思います。
 今日は、荒天から一変して、秋の天空を突き抜けるような碧空の高さを感じます。災害地への変わらない復興を願い、思いを同じくした支援を続けたいと思います。

各施設のご案内

◎児童福祉施設

◎障がい者支援施設

◎高齢者福祉施設